家庭教師とは、学校での授業に加え、自宅でもマンツーマンで指導を受けて勉強をすることです。子供によっては、毎日家庭教師に指導を受けることもありますし、週に一回ということもあります。授業に加え家庭での学習になるので勉強時間は増えるのですが、一体どのような子供にこの家庭教師は向いているのでしょうか。

家庭教師の向いている子はどんな子供ですか?家庭教師を受けるのに向いている子どもにはどんな特徴がある?

・先生対クラスで学習するよりもマンツーマンで勉強したい子供に向いている
学校の授業というのは、クラス全員で受けるために、個人の理解度に合わせて勉強が進んでいくわけではありません。そのために1つ分からないことがあると、ついていけないこともあります。しかし家庭教師の場合は、マンツーマンなので、分からない個所を徹底的に指導を受けることが出来るのです。

参考文献■家庭教師 http://www.benkyo.co.jp/

そのため理解できたら、次に進むという勉強の進み具合になるので、途中で分からなくなるということがありません。そのため、マンツーマンで個人の能力に合わせて勉強を進めていきたいという子供に向いています。

・部活動で忙しい子供に向いている
学校生活というのは、勉強だけではなく、部活動などもありますね。部活動をするととても疲れるので、塾に通うということが難しい場合もあります。しかしながら、家庭教師の場合は、自宅まで来てくれるということが特徴です。そのため部活で忙しい間でも、自宅に家庭教師をお願いして、その時間だけ集中して勉強が出来るのですね。

部活もしたい、でも勉強もして落ちこぼれたくないという子供に向いています。

・大学の情報を得たい子供に向いている
家庭教師のプロという人もいますが、大学生が家庭教師のバイトをすることもあります。大学生の家庭教師のメリットは、その大学の情報についても色々と教わることが出来るという点です。そのため、もしも行きたい大学があるという場合、その在校生の家庭教師を選ぶと生の情報が収集できて便利です。

また勉強の話だけでなくサークルの話や大学生活の話なども聞くことが出来るので、もっと大学受験に向けて頑張ろうという意欲が出てくるはずです。